1. ホーム>
  2. アドバイス家庭菜園>
  3. 支柱立て

アドバイス家庭菜園

支柱立て

キュウリやゴーヤなどのつるが伸びる野菜や、トマト、ナスのような実をつけてその重みで倒れて します野菜で行います。

支柱立てについては下記より

支柱立ての種類

直立式
直立式

土にまっすぐに支柱を立てることで畑を立体的に利用することができ、、日当たりを良くしたい野菜に使います。主にトマトなどに用いられます。

合掌式
合掌式

支柱を斜めに交差させ、その交差させた支柱の上に地面と平行に支柱を入れて強度をもたせるやり方です。風当たりの強い場所に使い、主にキュウリなどに用いられます。

支柱たてについて終わり

直立式と合掌式

「直立式」はつるが伸びる野菜を育てるためや、成長しても草丈が1mくらいの野菜を育てる場合 に向いています。「合掌式」は、背が高くなる野菜、実が垂れ下がる野菜などに向いています。

支柱たてに必要なもの

カラー鋼管
カラー鋼管

支柱立てにあると便利なもの

クロスクリップ
クロスクリップ

交差角度自在の支柱どうしの固定金具

▲ページトップへ